昨今の時代、犬や猫を単なるペットとしてではなく、家族の一員と考える人が増えています。 お蔭で家族の一員として、愛されて一生を過ごすペットが増えたと思います。昨今、ペットは家族!という考えから、お葬式をされる飼い主さんが増えています。 人間でいうところの「家族葬」が多いようですが、可愛がってくれていた人には連絡をされるケースも増えてきています。 当サイトでは犬猫ペットの火葬・土葬についての情報を掲載しております。是非ご参考下さいませ。

犬猫が亡くなった際に必ず行う事

最愛の家族でもある、犬や猫が亡くなると悲しみも非常に大きいものがありますが、人間が亡くなった時と同じようにやらなくてはならい事があります。

【手順.1】葬儀の日程・方法を決める
【手順.2】保健所へ死亡届を提出する
【手順.3】必要であれば仏壇などを準備する

犬猫が亡くなった場合、上記の3つの流れを行う必要があります。

最優先は、葬儀の日程・方法を決める事

犬猫の葬儀は、「ペット葬儀110番」に依頼をするのがおススメです。

飼い主の中には、「保健所で引き取ってもらい、後は知りません」という方もいます。 酷い場合には、「一般廃棄物」としてゴミとして出してしまう方も稀にいます。 でも、こんな酷い別れは絶対にしたくないですよね。。

ペットは10年~15年と生活を共にした「家族」ですから 最後までしっかりとお見送りをしてあげることがご供養ですよね。

ペット葬儀110番」では24時間・365日、ペット火葬のプロが下記のように電話サポートをしてくれます。

お骨/骨壺の返納、個別火葬はもちろん、立会火葬、お骨の取り上げと「家族」同様の手厚い葬儀を行ってくれる為、評判が非常に良いです。

気になる金額面も10,000円~15,000円程と優しい料金の為、安心してお願いすることが可能です。

保健所の火葬とペット葬儀の違い

犬や猫などのペットのご遺体は、法律上は「一般廃棄物」に該当します。 「一般廃棄物」に該当するので、前述をしたように、「ゴミ」として処分をしてしまう人もいるのです。

保健所では合同火葬となる為に、愛犬や愛猫のお骨は返ってきません。

また、引き取りにも来てくれませんし、引き取られた後、どのように火葬されたかは全く分かりません。 保健所で火葬をお考えの場合、保健所でご遺体を預けるときがお別れになります。

保健所は、国の施設ですので無宗教になります。 保健所で行われる火葬は、ご供養の為の火葬とは意味合い自体が異なり、「衛生上の処分に必要な焼却」として行われます。

犬の場合は死亡届を保健所へ提出

可愛くて、愛おしい愛犬や愛猫なのに、法律上はなぜか犬や猫は「物」扱いになります。 「命」のあるものなのに、どうして「物」扱い?と、疑問に思われる方も見えるかも知れませんが、日本の法律上、犬や猫は「物」なのです。

愛犬や愛猫が亡くなったとき、「物」の分類になってしまう犬や猫ですが「犬」だけは保健所に死亡の届け出が必要になります。 猫は不要で、犬だけ死亡届が必要なのはどうしてでしょうか。

犬の場合は、狂犬病予防の管理の必要性があるからです。 狂犬病の予防注射を毎年義務付けられているので、犬を飼うときには市区町村に「犬を飼い始めたこと」を登録します。 その為、犬が亡くなった時は犬の死亡届を保健所に提出する必要があるのです。

返却が必要なモノがある場合もあるので、管轄の保健所に問い合わせしてみてください。 愛犬の死亡届を提出しないでいると、亡くなってからも毎年狂犬病予防の案内が届いてしまいますのでご注意ください。

犬猫はペット葬儀でお見送りが最良です

「保健所」と「ペット葬儀」では葬儀の内容・対応・アフターサポートに雲泥の差があることがお分かりいただけましたでしょうか。

私は愛犬の葬儀を「ペット110番」にお願いをしましたが、素敵な葬儀が出来たと満足しています。

愛犬の供養をしてもらうときに聞いた言葉ですが、手を合わせて、愛犬と過ごした日々を思い出しながら「一緒に過ごしてくれて、ありがとう!」と心の中で思うことが大事だそうです。

ペットたちは、飼い主の「ありがとう」の言葉を聞いて、安心して天国へ旅立って行くのだそうです。

出来る事なら「立会火葬」でご供養してあげては如何でしょうか。 手を合わせて、ご冥福を祈ってあげてください。

安らかに眠れるように、「ありがとう」と伝えてあげましょう。

犬猫ペット葬儀のよくある疑問点

お花はペット火葬の棺に入れられる?

大切にしてきたペットとの別れのとき、お花で棺を飾ってあげたいと思う飼い主さんが多いようです。

人間の場合は、棺に入れるお花は白いものが多いけれど、犬や猫などのペットの棺の中に入れるお花も白い方が良いのでしょうか?

またペットの葬儀に参列させてもらうことになった方は、どんなお花を選べば良いのか悩まれると聞きます。

犬猫ペット火葬の合同火葬とは?

ペット火葬には、大きく分けて2種類あります。

個別に火葬される個別火葬に対して、他のペット達と一緒に火葬してもらう、合同火葬。 個別火葬の場合は、ペットの遺骨を戻してもらえますが、合同火葬の場合は戻ってきません。

合同火葬は、個別火葬よりも、比較的リーズナブルな価格設定になっています。

犬猫ペットの土葬とは?

土葬というのは、土を掘ってその中にご遺体を埋葬する方法です。

鳥やモルモットなどの、小動物であれば深さの心配もあまりないでしょう。 しかし、犬や猫などの大きさになると、ある程度の大きさの穴が必要です。

ペットを土葬するには、所有する土地が必要になります。 転勤などで、引っ越しの可能性がある場合も自粛した方が良いでしょう。

犬猫ペット葬儀・火葬の最新情報

犬猫ペットの形見 – 遺毛ケース・ストラップを解説

家族の一員として毎日一緒に過ごすことが当たり前だった、大切な存在の犬ちゃんや猫ちゃんとの別れは、悲しいですがいつかはやってきてしまいます。 覚悟はしていても最愛の犬ちゃんや猫ちゃんが虹の橋を渡ってしまった後というのは、どうしても淋しさや悲しさが襲ってきます。 犬ちゃん猫ちゃん、ペットの形見である遺毛はどうしている? 生前の犬ちゃんや猫ちゃんの写真を見ながら、思い出が蘇ることも多い...   [この記事の続きを読む]

キリスト教の犬・猫・ペット火葬 – 教会での葬儀は可能?

愛するペットが亡くなった時の為の、ペットのお葬式。 昨今ではペットを家族同様とされる方が多くなり、ペット葬儀社もどんどん増えています。 しかし日本は、どうしても仏教信者が多い国です。 目次 キリスト教信者の為のペット葬 日曜日は、礼拝の時間は葬儀不可 ペット火葬は、お寺でも受け付け可能 お隣韓国のキリスト教の信者数と日本のキリスト教の信者数を比べると、日本...   [この記事の続きを読む]

犬猫が亡くなったら – やること/手続き/お供えをご解説

愛犬が亡くなると、悲しさや淋しさがこみ上がってきます。 しかし亡くなった愛犬の為に、最後に飼い主さんが行わなければいけないことがあります。 愛犬が安心して虹の橋を渡れるように、飼い主さんも頑張りましょう。 目次 犬が亡くなったら、やることは? 犬が亡くなったら、手続きが必要です 動物病院から役所へ報告も可能 犬が亡くなったら、やることは? まずは愛犬...   [この記事の続きを読む]

犬猫ペット火葬の口コミや評判を徹底調査!

愛するペットとの最後のお別れの仕方は、後悔のないようにしたいものですよね。 後悔が残ると、ペットロスという病気になってしまう方も見えます。 私がお願いをした愛犬火葬の口コミとペット火葬のそれぞれの口コミをまとめましたのでご参考下さいませ。 目次 ペット葬儀110番 ペット火葬の業者はどう選ぶ? 悪徳ペット葬儀社を見抜く 動物病院やトリマーさんの口コミ ...   [この記事の続きを読む]