今の時代、犬や猫を単なるペットとしてではなく、家族の一員と考える人が増えています。当サイトでは犬猫ペットの火葬について知っておくと役に立つ情報を掲載しております。是非ご参考下さいませ。

【仏壇】は葬儀の前に買う事!

市役所などで火葬を申し込むと、合同火葬・個別火葬を選ぶことが出来ます。 合同ですと、遺骨が戻らないですからすぐに供養をしてあげる意味でも葬儀の前に仏壇を手配しておくことが重要です。

【遺毛を残す】ずっと傍に居て欲しい

近年では「遺毛・遺爪」をケースに入れて供養をしてあげる方法も人気が高いです。一般的に、市役所がご遺体を回収に来た時が最後のお別れではありますが、その前に、ペットの体毛を少し摘んでケースへ保存をする形です。

お花はペット火葬の棺に入れられる?

大切にしてきたペットとの別れのとき、お花で棺を飾ってあげたいと思う飼い主さんが多いようです。
人間の場合は、棺に入れるお花は白いものが多いけれど、犬や猫などのペットの棺の中に入れるお花も白い方が良いのでしょうか?

またペットの葬儀に参列させてもらうことになった方は、どんなお花を選べば良いのか悩まれると聞きます。

●棺に入れるお花は、どんなお花?

愛犬や愛猫との最後のお別れの時ですから、綺麗に棺を飾ってあげたいと思う飼う主さんが多いようです。
お庭で育てたお花を入れて、棺を飾る飼い主さん。
お花屋さんでご自分の好きなお花を購入し、棺を飾る飼い主さん。

お庭で育てたお花でも、購入したお花でも、白いお花を入れる方はあまり見かけません。
愛犬や愛猫が華やかに見えるような、明るい色のお花で飾る方が多いように思います。
棺の中のご遺体を、素敵な花で埋めてあげてください。

●お花をプレゼントしたい場合

離れて暮らす家族が飼っている愛犬、愛猫が亡くなった場合、お花を持ってかけつけたいと思われるご家族の方も見えるでしょう。
友達の愛犬、愛猫が亡くなったと知らせを受け、お花を届けたいと思われる方も見えるでしょう。

ペット火葬の時間に間に合うのであれば、棺に入れられるお花をお花屋さんで選んでもらいましょう。
愛犬や愛猫のサイズ感が分かれば、お花屋さんに伝えると大きさが分かりやすいですね。

例えば、犬でも猫でも2キロほどの小さい体の子の棺には、大きな花束は入りません。
分かる範囲の情報を、お花屋さんに伝えると良いと思います。

棺に入れるお花は、お風呂に入れるために発売されている「バラの花びら」もオススメです。
色々な色の「バラの花びら」が、発売されています。
棺のサイズに関係ないですし、他のお花と一緒に使ってもらえるので良いですよ。
棺の上に、巻いてあげても良いですね。

私の友人は、自宅にあったポプリを入れていました。
優しい香りがして、ポプリも素敵でしたよ。

ペット葬儀が終わって、日にちを置いてお邪魔する場合は、遺影の前に飾れるお花を選びましょう。

●お花と一緒に、供養の気持ちも!

葬儀に参列される方、後にお参りに行かれる方。
どちらも、お花と一緒にご供養の気持ちも忘れないでください。
飼い主さんにとっては、遠くにいる家族より身近にいたペットの方が頼りになる存在だった場合もあるのです。
他人には犬や猫に見えても、飼い主さんにとっては大切な家族の場合が多いのです。

献花と共に、心からのご供養の気持ちをお願いします。

【仏壇】は葬儀の前に買う事!

市役所などで火葬を申し込むと、合同火葬・個別火葬を選ぶことが出来ます。 合同ですと、遺骨が戻らないですからすぐに供養をしてあげる意味でも葬儀の前に仏壇を手配しておくことが重要です。

【遺毛を残す】ずっと傍に居て欲しい

近年では「遺毛・遺爪」をケースに入れて供養をしてあげる方法も人気が高いです。一般的に、市役所がご遺体を回収に来た時が最後のお別れではありますが、その前に、ペットの体毛を少し摘んでケースへ保存をする形です。