今の時代、犬や猫を単なるペットとしてではなく、家族の一員と考える人が増えています。当サイトでは犬猫ペットの火葬について知っておくと役に立つ情報を掲載しております。是非ご参考下さいませ。

【仏壇】は葬儀の前に買う事!

市役所などで火葬を申し込むと、合同火葬・個別火葬を選ぶことが出来ます。 合同ですと、遺骨が戻らないですからすぐに供養をしてあげる意味でも葬儀の前に仏壇を手配しておくことが重要です。

【遺毛を残す】ずっと傍に居て欲しい

近年では「遺毛・遺爪」をケースに入れて供養をしてあげる方法も人気が高いです。一般的に、市役所がご遺体を回収に来た時が最後のお別れではありますが、その前に、ペットの体毛を少し摘んでケースへ保存をする形です。

ペット火葬を安く格安で行う方法 – 費用や相場のまとめ

家族の一員である愛するペットを亡くしたとき、お別れはどのようにしたいと思いますか?
ただ埋葬したいと思う方より、昨今ではきちんとしたお別れがしたいと考える飼い主さんが増えてきたように思います。

しかし、どこにお願いすれば良いのか?信頼できる業者の探し方は?適正な価格って?っと、思われている方も多いのではないでしょうか。

●ペット火葬に予算の取れない場合

愛する家族だったペットとはいえ、様々な理由からペット火葬に予算を取れない方も見えると思います。
そんな方は、保健所に相談してみては如何でしょうか?
合同火葬の為、お骨は戻ってきませんが火葬して頂けます。
予算は市区町村によって異なりますので、お近くの保健所にお問い合わせください。
一般の業者にお願いするより、はるかにお安く火葬して頂けます。

●ペット火葬の料金について

※立会火葬と一任火葬の場合

火葬には、立会火葬と一任火葬でも料金が異なります。
家族の見守る中、立会で火葬して家族で拾骨をさせて頂く方法が、立会火葬です。
ご遺体を預けてきて、後にお骨を取りに行く方法が、一任火葬です。
この場合、一任火葬の方が価格はお安くなります。

※個別火葬と合同火葬

一体一体、個別に火葬して頂く方法と、他の仲間たちと一緒に火葬される合同火葬。
もちろんお安いのは、合同火葬になります。

※体重別で料金が異なります

ほとんどの業者が、体重別で料金を設定されています。
体重の軽い子ほど、設定価格は安いです。
しかし体重の軽い子ほど、火葬の調節が難しいとされますので設定価格だけで選ばずに、腕の確かな業者を選ぶことをオススメします。

ペット火葬の場合、どこでも火葬料のみのお支払と聞きます。
お寺であっても、お布施を受け取られることは無い場合が多いようです。

お寺でのペット火葬の場合は、本堂にて人間のお葬式と同じように行われます。
本堂にご遺体を安置して、お坊さんに読経をして頂けることを思うと、ペット火葬というのは格安のように思えます。

人間が同じことをしてもらった場合を考えると、桁が違いますものね。

命あるものは、必ず亡くなります。
しかし頭では理解していても、辛く、悲しい気持ちになってしまうのが最愛のペットが天国に旅立った時です。

お辛いとは思いますが、まずはご遺体を安置してお別れをしましょう。
感謝の気持ちを、伝えてあげてください。

その後、ペットとのお別れをどのようにしたいかを考えてみて下さい。
お別れは、一度だけです。やり直しは出来ません。
後悔のないように、ペット火葬を行ってください。

何を基準に「安い」を求めるのかは、人それぞれです。
いくら安く出来たとしても、後悔が残るようであれば高いペット火葬となってしまいますのでご注意ください。

【仏壇】は葬儀の前に買う事!

市役所などで火葬を申し込むと、合同火葬・個別火葬を選ぶことが出来ます。 合同ですと、遺骨が戻らないですからすぐに供養をしてあげる意味でも葬儀の前に仏壇を手配しておくことが重要です。

【遺毛を残す】ずっと傍に居て欲しい

近年では「遺毛・遺爪」をケースに入れて供養をしてあげる方法も人気が高いです。一般的に、市役所がご遺体を回収に来た時が最後のお別れではありますが、その前に、ペットの体毛を少し摘んでケースへ保存をする形です。