今の時代、犬や猫を単なるペットとしてではなく、家族の一員と考える人が増えています。当サイトでは犬猫ペットの火葬について知っておくと役に立つ情報を掲載しております。是非ご参考下さいませ。

【仏壇】は葬儀の前に買う事!

市役所などで火葬を申し込むと、合同火葬・個別火葬を選ぶことが出来ます。 合同ですと、遺骨が戻らないですからすぐに供養をしてあげる意味でも葬儀の前に仏壇を手配しておくことが重要です。

【遺毛を残す】ずっと傍に居て欲しい

近年では「遺毛・遺爪」をケースに入れて供養をしてあげる方法も人気が高いです。一般的に、市役所がご遺体を回収に来た時が最後のお別れではありますが、その前に、ペットの体毛を少し摘んでケースへ保存をする形です。

訪問ペット火葬 – 移動火葬車の体験談と利点

犬や猫はペットですが、家族の一員でもあります。
長年一緒に過ごした愛犬や愛猫との思い出は、振り返るとつい微笑んでしまう事もあると思います。
可愛くて仕方のなかった子犬や子猫の時期、やんちゃで大変だった時期もあるでしょう。
しかし老犬、老猫になって介護をした飼い主さんのお話を聞くと、最後は愛おしくて仕方がなったという方が多いですね。

そんな愛おしい愛犬や愛猫との最後のお別れが、火葬です。

移動火葬車って、どんなもの?

移動火葬車が初めて登場した時は、大型車で煙やニオイで苦情も出ていました。
しかし昨今、煙やニオイも気にならず自家用車の駐車スペースさえあればOKと言われる移動火葬車が登場しています。

実際に体験しましたが、煙もニオイも全く分からず驚きました。
見た目は、普通のワンボックスでした。
車に疎いせいかも知れませんが、ちょっと大きなワンボックスだなぁと思う程度で、まさかペットを火葬するための車だとは思わなかったほどです。

訪問火葬に問題点は?

煙もニオイもなくても、犬や猫が嫌いな方が近隣にお住まいですと問題となる可能性があります。
実際の被害ではなく、気持ちの問題となるでしょう。

訪問火葬で、移動火葬車を利用する場合は駐車スペースの確保だけでなく、近隣住民の方への心配りも重要になります。

大切な愛犬、愛猫との最後のお別れなのに、近隣住民の方達から嫌な言葉を投げかけられることの無いようにしましょう。
移動火葬車を手配する前に、近所の方達にまずはお断りをしておきましょう。
嫌がる方が一人でも見えたら、自宅以外で駐車スペースを借りられる所を探しましょう。

訪問火葬の利点は?

移動火葬車の種類や、愛犬や愛猫の体重によっても火葬時間には差があります。
およその時間は、1時間から1時間半ほどとなります。

訪問火葬の場合はご自宅ですので、火葬中も自由にお過ごし頂けます。

訪問火葬の場合は火葬終了後、ご遺骨をそのままの形でお運びしてくださるケースが多いです。
ですから火葬後はご家族で拾骨して頂くことが多いですが、ご近所の方にも可愛がられていた子の場合は、ご近所の方たちにも一緒に拾骨して頂けるというメリットもあります。

天国へ旅立つその時まで、ご家族でご近所の方やご友人も交えて一緒にお見送り出来ることも訪問火葬のメリットではないでしょうか。

家族の一員として過ごした愛犬や愛猫ですから、安心して天国へ送ってあげたいですね。

【仏壇】は葬儀の前に買う事!

市役所などで火葬を申し込むと、合同火葬・個別火葬を選ぶことが出来ます。 合同ですと、遺骨が戻らないですからすぐに供養をしてあげる意味でも葬儀の前に仏壇を手配しておくことが重要です。

【遺毛を残す】ずっと傍に居て欲しい

近年では「遺毛・遺爪」をケースに入れて供養をしてあげる方法も人気が高いです。一般的に、市役所がご遺体を回収に来た時が最後のお別れではありますが、その前に、ペットの体毛を少し摘んでケースへ保存をする形です。