今の時代、犬や猫を単なるペットとしてではなく、家族の一員と考える人が増えています。当サイトでは犬猫ペットの火葬について知っておくと役に立つ情報を掲載しております。是非ご参考下さいませ。

【仏壇】は葬儀の前に買う事!

市役所などで火葬を申し込むと、合同火葬・個別火葬を選ぶことが出来ます。 合同ですと、遺骨が戻らないですからすぐに供養をしてあげる意味でも葬儀の前に仏壇を手配しておくことが重要です。

【遺毛を残す】ずっと傍に居て欲しい

近年では「遺毛・遺爪」をケースに入れて供養をしてあげる方法も人気が高いです。一般的に、市役所がご遺体を回収に来た時が最後のお別れではありますが、その前に、ペットの体毛を少し摘んでケースへ保存をする形です。

ペット火葬のトラブル – 問題を避ける方法とは?

犬や猫などのペットを、家族の一員として過ごしている人が多くなってきた為か、ペット霊園やペット専用の火葬業者が増えてきました。
そんな中、悪徳な手法の霊園の設置や料金トラブルも発生しているのも事実です。

大切にしてきたペットとのお別れだからこそ、トラブルは避けたいものですよね。

ペットの火葬はトラブルがないように!

可愛いペットとのお別れですから、信頼できる火葬業者を選びましょう。
では、どのように火葬してくれる所を探せばいいのでしょう?

一番のオススメは、動物の事を一番良く理解している方に問い合わせることです。
お世話になった動物病院に「火葬してくれる所を、ご存じないですか?」と、まずは問い合わせてみてください。
火葬してくれる所を紹介してくれる場合が、多くあります。

動物病院の獣医さんやスタッフの方は、飼い主さんたちからの情報をたくさん持ってみえます。
きっと相談に応じて下さると思いますので、ご相談下さい。

いつもシャンプーをお願いしていた、トリマーさんに聞いてみるのもオススメです。
トリマーさんも獣医さんと同じで、たくさんの飼い主の方達からの情報を持ってみえます。
動物好きの方がなられている職業ですので、親身になってくださる場合が多いです。

友人がトリマーを職業にしていますが、トリマー同士で情報交換もあるそうですし、飼い主さんから聞かれて知らないことは、トリマー仲間に聞いて返事をするそうです。

いつもシャンプーしていた子が亡くなったと聞いて、親身になってくれないトリマーさんはいないと思いますよ。
問い合わせてみてくださいね。

ネットで検索する場合は、口コミをよく読みましょう。
悪質な詐欺に引っかからないように、十分に注意してください。

ペットの火葬は体重によって違います。

小型犬の場合、亡くなった時の体重が2キロ台の事もありますよね。
軽ければ軽いほど、火葬の加減が大変だそうです。
腕の良い方でなければ、綺麗に骨は残りません。

先日友人の犬の火葬に立ち合いましたが、亡くなった時の体重は2.3キロでした。
しかし上手に火葬して頂き、爪の形まで残っていました。

悪徳な、訓練もあまりしていない方が火葬した場合、真っ黒な灰になってしまったというケースも耳にします。
体重の軽い子の場合は、特に注意して「鳥」や「ハムスター」などの小動物の火葬も行ってみえる所を探すと良いでしょう。

ペットの火葬でトラブルになるのは、骨が綺麗に残らなかった時が多いようです。
信頼できる所を安心して任せられる所を、探しましょう。

【仏壇】は葬儀の前に買う事!

市役所などで火葬を申し込むと、合同火葬・個別火葬を選ぶことが出来ます。 合同ですと、遺骨が戻らないですからすぐに供養をしてあげる意味でも葬儀の前に仏壇を手配しておくことが重要です。

【遺毛を残す】ずっと傍に居て欲しい

近年では「遺毛・遺爪」をケースに入れて供養をしてあげる方法も人気が高いです。一般的に、市役所がご遺体を回収に来た時が最後のお別れではありますが、その前に、ペットの体毛を少し摘んでケースへ保存をする形です。